読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eat! Eat! Eat!

食べること、作ること、音楽を聴くことが好きです。日常をつらつらと

カルテットが最高すぎて

今週のカルテットは最高に良かった

 

スズメちゃんが、まきさんに誕生日はいつですか?と。

まきさんが「6月1日です」と答えると、スズメちゃんがにこっとバイオリンをあずかる。

最後の嘘が終わったのかなと少し嬉しくなったし、(最終回でもう嘘とかでてこないでほしい)

ちょっとお手洗い行ってきますね、とさよならをするところはぐっときてしまった

 

そのほかにもああもう!とぎゅっとしたくなる場面はたくさんあるのだけど(すきが溢れてるから嘘じゃないとか)、きりがないので。。

 

 

最近はそんなこんなで、映画を見たりドラマをみたり、海外ドラマにはまり直したり、

相変わらず飲み行ったり、自由気ままに過ごす。。

なんと心地よいものか。

 

久々に新江古田方面にある「やっちゃん」に行き、肉にひたすら幸せにされ、

神保町の「ボンディ」にまた幸せにされ、

人形町の「今半」ですきやきに幸せに、

お腹のお肉もだいぶ調子が良い。

 

そういえば誕生日も来て、また歳をとりましたが、今年は無駄な時間をなくせたらなァと思います。

やりたいことがありすぎて、溜まってくのも苦しいので、時間をうまく使えたらもっとなんかいいなあ、、

 

暖かくなってきたので、花を見て酒飲むのもまた良し。

都内でどの辺が穴場なんだろうか。。

 

本日は、

お嫁においで/加山雄三 feat. PUNPEE

ラ・ラ・ランド

f:id:suisosuiso:20170306123804j:image

 

ああ、めちゃ良かった。

ミュージカル映画ってあまり観たことがないんだけど、オープニングから素晴らしくて。

気合いの入ったオープニングで、「ラ・ラ・ランド」が始まる

立ち上がって踊りたくなるほどさいこうに気持ちがいい!

 

エマ・ストーンとライアン・ゴズリンの夜明けのダンスシーン。青いハイヒールを、もういい!ってな感じで履き替えて、ムッとしてたのに、結局少しずつ恋に落ちちゃうベタさ。

ああ、いいなって、、笑

 

グリニッジ天文台のシーンなんて、星空をふたりで飛んじゃうところとか、恥ずかしくてちょっと笑ってしまった
それくらいベタなんだけど、イケメンだから許してしまう

 

夢を追いかけて、諦めて、まあまあ色々あるんだけども

最後にエマ・ストーンがにこっと笑ってSeb'sを出る、、ああもうこれでハッピーエンド!

 

通勤はもちろんサントラです、、笑

【カレー】鎌倉「キャラウェイ」にて

ああもう2月も終わりそうなのに、年明けの気分をまだ引きずっている、、

もうすぐ春がくるのかあ、寒くて想像できないけど。

 

つい先日、鎌倉へ。

久しぶりに並んでカレーを食べた。

 

昔からある喫茶店感。

f:id:suisosuiso:20170224195223j:image

 

なかなかに寒い日だったけど、1時間ほど待ったかな

かなり有名店のようで、次々並ぶ人が現れては諦めて帰っていく、、

 

いざ。

チーズを頼んでみた。

 

店員さんが「普通盛りでいいですか?」とわざわざ聞いてくれたが、「えっ、いいです」と答えて

 

後悔・・・

 

f:id:suisosuiso:20170224195242j:image

 

ご飯が盛り盛りできてしまった・・・

わざわざ聞いてくれたのには理由があったのだ。

 

ぽってりとしたカレーでまさにわたし好み!!

なかなか辛めのカレーで、ご飯の上のレーズンもまた良い。

ルーもたっぷり。さいこう〜

飲みて〜〜

 

そのあとビアバーに行きたかったのだけど、案の定苦しすぎて断念。

 

またぜひ行きたい!行ければぜひ平日で、、

2016聴いたアルバム!

ああ、もう2017年。

2016年は年表を書きたいくらい激動の1年でした。あと人生でいちばん遊んだかも、、

 

アルバムベスト20くらいは選ぼうと思って、年末にまとめてたんだけど結局もう2月、、笑

 

今年もいいアルバムがちょこちょこ出て来てるので時間が足りないなあと思いつつ、

去年の振り返り。

 

ランキング付けられないから順不同です。

1. A Long Day/ミツメ
2. 24K Magic/Bruno Mars
3. 楕円の夢/寺尾紗穂
4. Yes Lawd!/NxWorries
5. Telefone/No Name
6. Malibu/Anderson. Paak
7. Coloring Book/Chance the rapper
8. Freetown Sound/Blood Orange
9. Good Love/Brasstracks
10. Body Wash/Mndsgn

11. The Heart Speaks in Whispers/Corinne Bailey Rae
12. 頂き物/安藤裕子
13. We got it from Here...Thank You 4 Your service/A Tribe Called Quest
14. The Big Cover-Up/Todd Terje& The Olsens
15. 99.9%/KAYTRANADA

 

今年はわりと日本とか韓国のヒップホップ、ポップスが良くて聴いてます

逃げ恥を何度も見てキュンとして少し寂しくなる

ガッキーが可愛いと話題のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ

今期ダントツで最高に好きなドラマです。初めて何度もドラマを見返すというくらいさいこうなんです。

何がさいこうって、一人で部屋でジタバタ、ニヤニヤしながら見てしまうくらいとにかくキュンキュンしてしまう。

 

契約結婚」っていうのもわりとキーワードになっているドラマだと思うのだけど、

今の時代結婚にもいろんな形があって、契約結婚っていうのも増えてもおかしくなさそうだな。それが仕事になる時代も来るのかしら。

 

童貞感のでた雰囲気の星野源と、現実ではありえないほど可愛い家事お手伝いのガッキーの組み合わせがとても良い。

現実には本当にありえないっていうところがポイント。そうだったらいいのにっていう理想を疑似体験してる感覚と、完璧にもどかしい感覚が相まって、キュンキュンしているのだと思う。

 

早く火曜日になったらいいのに、と毎週考えながらそろそろ終わってしまう悲しさ。。

ああ、こんなの見てしまうから彼氏が欲しくなってしまう、、はい、早く酒のみいこー!!

 

 

オマケ

中1のガチオタク弟が、踊ってみたと動画を送ってきた

なんだなんだと思ったら、恋ダンスで可愛いなあと思ってしまった

youtu.be

AMY

f:id:suisosuiso:20161114190712j:image

 

下高井戸に小さな映画館があって、ポケットに財布だけ突っ込んでいけるの最高。ということでAMYを見に初めて下高井戸シネマ行ってきました。

 

AMYは去年ポートランドに、行ったときに一度見た映画。

やっぱり字幕ありで見たかったので、日本で公開したら絶対見に行こうと思ってて、ようやく。

 

この映画は、実際の残っていたエイミーの映像と関係者のインタビューで構成されているので、当時の雰囲気がありのままに感じられる。

 

そもそもエイミー・ワインハウスを好きになったのは死んだ次の年とかだったんだけど、当時エイミーは昔の人かと思ってた。ほら、なんか髪型とか、、

 

実際は結構若い人で、ドラッグにアルコールに壮絶な人生を送って2011年に27歳でなくなった。

もともと歌手になるつもりもなく、歌うことが好きだった女の子が、最終的にはグラミー歌手になるんだけど、

やっぱり常にパパラッチに追われる生活とか環境とか、いろいろなストレスとかでだめになっていってしまう。

笑った顔とかすごく可愛いのに、ちょっと心が弱いだけなのに、音楽が好きなのに、見ていて終始辛い。

ちょっとしたタイミングで更生できそうなのに、逃して逃して結局亡くなってしまうんだけど。

 

エイミーワインハウスの曲は全部実体験なので、何気無く聴いてた曲も、映画の後はより意味を考えて聴いてしまいます、、

 

興味のある方はぜひ。

http://amy-movie.jp/sp/index.html

ぼくのおじさん

最近わりと映画を見たり、漫画を読んだり、ライブに行ったり日々充実。。

それは良いけど、お金のかかる趣味しかなくて、本当に大変・・・

 

 f:id:suisosuiso:20161107083254j:image

それはそうと、先週木曜日に「ぼくのおじさん」見てきました。

松田龍平主演の映画で、鼻でフッと笑うようなコメディ。子役のセリフとか使い方がまた絶妙で、終始フッ、フッ、としてました。

 

内容はあまり書きませんが、主役の小学生ユキオがなかなかしっかりしていて、松田龍平が演じるぼくのおじさんは居候のポンコツ。

この二人がハワイに行っちゃうんだけど、ハワイでもおじさんはポンコツ。

(おじさんとユキオがお揃いで着てるアロハシャツがすごい可愛くて、あれほしいなあ・・)

松田龍平のポンコツ具合がほんとに最高で、ほんと面白かったからまた見たい。

「なーい!なーい!お金もなーい!暇しかなーい!」これほんと最高

 

最近疲れてるなと感じたら、ぜひ。疲れ切った心にポンコツを。笑

 

公式サイト http://www.bokuno-ojisan.jp